仙台市のフィギュアスケートモニュメントを見てきた!

こんにちは。今日は、宮城県仙台市にある「フィギュアスケートモニュメント」について紹介したいと思います。

キスクラちゃん

それでは、さっそく見ていきましょう♪

フィギュアスケートモニュメントとは

平成29年に、日本フィギュアスケート発祥の地と言われている「五色沼」のそばに、荒川静香さんと羽生結弦選手の功績を称えるモニュメントが設置されました。

お二人の共通点は、「仙台市出身」で共に「五輪の金メダリスト」ということ。それだけでなく、高校や大学、金メダルを獲得した際の五輪のフリー滑走順(21番目)も同じだったようですね!

そんなお二人の功績を称えたモニュメントですが、平成31年には羽生選手の五輪2連覇を記念し、新たなモニュメントが追加されています。

モニュメントは、五輪で活躍したお二人の表情やポーズまで細かく再現されているため、見ただけでその当時の感動が甦りますよ〜

国際センター駅を出てすぐの場所に設置してあります!
近くに大型の駐車場もありますので、車でも安心ですね。

設置場所はこちら

住所宮城県仙台市青葉区青葉山無番地
最寄駅地下鉄東西線「国際センター駅」(南1出入口)
※仙台駅から3駅で約5分
休業日なし
見学料無料
駐車場せんだい青葉山交流広場
(30分ごとに100円)

実際の写真

国際センター駅南口側全体図
モニュメントその1(横1.6m×縦2.3m 計3基)
モニュメその2

モニュメントと実際の写真の比較

ここで、五輪当時の羽生選手の写真と比較をしてみたいと思います。

【羽生選手 2014年ソチ五輪】 
※SP使用曲「パリの散歩道」

モニュメント1

Embed from Getty Images

ソチ五輪当時の写真

【羽生選手 2018年平昌五輪】
※FP使用曲「SEIMEI」

モニュメント2

Embed from Getty Images

平昌五輪当時の写真

衣装の細かいデザインやポーズまで精巧に再現されていますね!サインも2018年版は少し大人な雰囲気になっているのが分かります。

また、羽生選手が平昌五輪で「黒ブレード」(★)のスケート靴を履いていたのは有名な話ですが、モニュメントでは、その辺りも細かく再現されています。

(★)平昌五輪でのブレードについて…通常は「銀色」のブレードをよく見かけますが、優勝にこだわり「銀」を排除したと言われています。

続いて、荒川静香さんです。

【荒川静香さん 2006年トリノ五輪】
※FP使用曲 トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」

モニュメント3

Embed from Getty Images

トリノ五輪当時の写真

荒川さんの美しくしなやかなイナバウアーが再現されています。

以上、仙台市にある「フィギュアスケートモニュメント」の紹介でした。

仙台駅からも近く、駅に併設されているため、気軽に見学ができるのが嬉しいですね。フィギュアスケート発祥の地と言われている「五色沼」もすぐ近くにありますので、合わせて見学してみるのが良いと思います。

では〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA